フラッシュ暗算について

2020年4月にオープンするBEANS郡山でのそろばん&暗算では、フラッシュ暗算にも力を入れてます。

フラッシュ暗算とは、画面に次から次へと出てくる数字を、そろばん式暗算を使って計算するものです。

そろばん式暗算は、そろばんの玉を頭の中に思い浮かべて、それを実際のそろばんと同じように動かして計算します。


この玉をイメージするときに使われるのが右脳の後頭部のあたりです。この場所を鍛えるのは子供のときしかできないと考えられています。

一方、筆算式暗算(一般的な暗算)は左脳を使います。小学校の勉強で筆算式暗算に慣れてしまう前に、頭にそろばんの玉をイメージできるようになれば、より効果的です。


私たちBEANSは「圧倒的な暗算力」を持つ脳を手に入れることを目標にしています。「圧倒的な暗算力」とは「76+62+97+23+59」や「87×65」のような計算を暗算ですらすらできる力です。これを可能にするには右脳を使うことが不可欠です。


BEANSが使用しているフラッシュ暗算ソフトは、どのような問題が頭にイメージしやすいかを考えてプログラムされています。

小学校入学前から、そろばんを訓練し、効率的にフラッシュ暗算も練習して、一生使える「圧倒的な暗算力」を身につけてましょう。


お子さんに「脳力UP」にご興味のある保護者様、BEANSまでご連絡ください。


体験会の日程や予約↓

https://www.beans87tak.com/soroban



  090-1048-7425