そろばんの目的は「脳を鍛える」こと

福島県郡山市にあるBEANSでは、2020年4月から本格的にそろばん教室スタートするのですが、そろばんをやるとどんな効果がありますか?とよく質問されます。

「BEANSで4年間以上そろばんを続けてもらえれば、数字に強くなり、圧倒的な暗算力がつきます。」というのが分かりやすい答えです。この答えに嘘はありません。

しかし、私たちが本当に目指しているのは「脳を鍛えること」です。圧倒的な暗算力は副産物だと思っています。

そろばんでは数字を扱って計算をするので左脳を使います。また、BEANS のそろばん&暗算の授業では、読上げ暗算やフラッシュ暗算もやります。これらの暗算では頭の中にそろばんをイメージするのですが、そのときに右脳を使います。

このあたりのことは以前のブログに書いたので詳しくはこちらをご覧ください

https://www.beans87tak.com/post/2019/12/14/soroban


それでは、ここで言う「脳を鍛える」とはどういうことかというと、スマートフォンで例えるとGBやメモリ、処理速度、バッテリー容量を大きくすることです。

これらはスマートフォンの製造段階で決まります。あとからアプリを入れて便利にすることはできますが、そもそもの容量が小さいと入れられるアプリも少なくなるし、処理速度が遅かったりします。


「脳を鍛える」には、左脳・右脳ともに使い、集中力や忍耐力も磨ける、そろばんは最適だと言えます。

算数や理科や社会などの勉強を習うことは「アプリを入れる」ようなものです。脳を「容量たっぷり」な状態に鍛え上げてからの方が圧倒的に効率的です。

事実、私たちが須賀川市で指導してきた実績を見ても、そろばんで上級までいった生徒と、そうでない生徒を比べるとその後の学力に大きな差があります。


2020年4月からは郡山市で「脳を鍛える」そろばん塾がスタートします。皆さんもBEANSで脳を鍛えて、ついでに圧倒的な暗算力を身につけましょう!


そろばん&暗算 体験・説明会の参加者を募集しています↓

https://www.beans87tak.com/soroban



  090-1048-7425