言葉にしてはじめて分かる

 ある哲学者が言っていた。もしわたしが言葉というものをもたなかったら、ひとはいまじぶんを襲っている感情がいったいどういうものか、おそらくは理解できなかったであろう、と。これが意味するところは、言葉が、何かすでにあるものを叙述するということより、なにかある、形のさだかでないものに、はじめてかたどりを与えるということだ。言葉にしてはじめて分かるということがあるということだ。

(鷲田清一「〈想像〉のレッスン」より)


千葉県の入試問題に出てきた文章です。とても共感しました。

特に、なんとなくモヤモヤしてするときや、むしゃくしゃするときは、その感情を出来るだけ具体的に言語化すると、自分を俯瞰して見れる気もするし、いいと思います。日記でも書いてみようかな。どうせ続かないけど。

  090-1048-7425